【Project】Step and Go

「どうして最近の若手社員はすぐやめちゃうの?」

様々な企業の人事部の皆さんやインナーコミュニケーション担当の方からご相談を受けます。

「社風が」「年収が」「意思決定スピードが〜」など、理由は千差万別です。

しかしこれらの根源は「今と違う世界を見たい、比較したい」という一点に集約されると考えます。

代表も退職および独立を経験しましたが、

・親会社の変更
・事業M&Aによる転籍

により、2年間のサラリーマン生活の中で3種類の資本のもとで勤務をしました。

その後、4年目の6月でで独立するのですが、この経験があったからこそ「4年目まで持った」という見方ができます。もし動きがなければ「外の世界見たさ」に2年目あたりで転職していたことでしょう。

労働環境の口コミサイトが増えてきましたが、そこから得られる情報が「本当に自分が知りたい情報」か一考する必要があります。繰り返しますが、大切にするものは人それぞれです。しかし自身の仕事観を評価する指標が年収や残業時間のみで図られて良いのでしょうか。


「全く違う世界」で働く同年代の話を聞いてみませんか?

あまりに身近な(≒転職した光景が容易に想像できる)業種で働く同年代のトークは、悩める若手社員にとってビビッドに映りすぎることがあります。

Like'sが行なっている

「ゲストのパーソナリティを引き出すコンテンツ制作」

の知見とネットワークを活かし、アイドル・アーティスト・ミュージシャン・声優等、各界の第一線で活躍する方々のトークを展開します。

年齢は近くとも、

・給与体系
・仕事内容
・晒されるプレッシャーの内容

…など、全然違う角度の視点を持った皆さんのお話を聞くことで「自分の仕事観を見つめ直す」きっかけになることでしょう。


これらは「外の綺麗な世界」を見せる結果になるかもしれません。


しかし、会社としてこのプロジェクトに参加する意図を社員の皆さんへ説明したのち、得られる会社への「信頼」の方が長い目で見てプラスに働くのではないでしょうか。

現代のサラリーマン・フリーランス・会社経営を経験した20代として、同世代の皆様およびご理解いただける企業の皆様に少しでもお力になれれば幸いです。

(プログラム内容・ご予算は規模およびゲスト内容によって変わりますのでまずはお気軽にご相談ください)